水処理設備の役割とは

水処理設備は、大手の企業内だけではなく、最近では一般家庭に導入が進められることがあり、安全な飲料水を用いるため、しっかりと性能の高い製品を選ぶことがポイントです。人気の高い水処理設備に共通することとして、定期的なメンテナンスが簡単に行えることはもちろん、維持費がそれほど高額にならないこと等が挙げられます。大手のメーカーでは、家庭用の設備を充実させるために、専門の部署において新製品の開発が急ピッチで行われるようになっています。そこで、機能性の優れている水処理設備を選択したい場合には、顧客サービスの良い業者のカタログやパンフレットなどをじっくりとチェックすることが肝心です。そして、実際にこうした設備を日常的に使っている人のレビューに目を通すことによって、安全性や耐久性の実状を確かめることが可能です。

排水処理設備における特徴

排水処理設備については、企業活動において貴重な役割を果たしている水を、環境において影響を与えないように浄化した上で排出していくことによって、操業を支えていく大切な役割を担っています。そして、最小限によるコストや人材によって、安定している運転をすることができる排水処理設備であることが、お客様の事業に対する貢献となっていくと考えており、排水処理設備が抱えているさまざまな課題について解決しながら、省エネや省コスト、高効率化などによる提案をさせていただいています。また、排水中に含まれているSS(懸濁物質)を高速によって沈降分離した上で、清澄な処理水について得ていくことができるような高速凝集沈殿装置となっています。また、独自の構造によって、従来から少量の薬注量で沈降性がよいフロックについて形成しながら、均一な槽内の流れによってSSの除去率を向上した上で、効率的な濃縮によって引抜スラッジ濃度アップをはかりながら、コンパクトで高性能化を実現しています。

水処理設備のひとつに、急速砂ろ過がある

水を、人が安全に使って、また、環境へ負担を課さないため、上水処理は欠かせません。ですから、水処理設備を完備することは必須と言えます。例えば、家庭に届くまでには、ろ過のプロセスを踏みます。近年は、急速砂ろ過の導入が進んでいます。これは、沈殿池から浄水池に移るあいだに通す処理です。沈殿池から流れた水を砂・砂利(ろ材)に通ることで、水に残っている微粒子がろ材に吸着します。窒素やリン、BODがこのプロセスで除去され、安心して飲める水になります。使用するろ材は、目詰りして次第に吸着能力が落ちてくるため、定期的に水と空気を送り込んで洗浄する必要があり、そのための装置もあります。国内でも、様々なメーカーが急速砂ろ過設備を開発・販売しており、洗浄が楽にできたり、全自動化できたりと、各社工夫をこらした製品を作っています。

強みとして水質をチェックする機関や消耗材の再生工場などの体制の質の良さにあります。 デザインビルドによる発注の対応実績が多くあります。 お客様のニーズにあったサービスを提供しております。 お電話でのお問い合わせは9時から17時15分までのお問い合わせとなっております。 水に関する様々な製品をご用意しております。 水処理設備ならオルガノプロダクトにお任せください