お店側の経営戦略

消費者からは見えない実情

日本には数多くのファッションブランドが展開されており、日本ブランドから海外ブランドまで多種多様となっています。そんなアパレル企業がビジネスを展開する上で非常に重要なカギとなるのが物流です。主に倉庫機能を果たし、商品の在庫を管理するハブとなるため、大規模な企業であればある程拠点の数も多く、物流が非常に重要な意味を持ちます。アパレル商品はサイズやカラーでSKUの数が膨大となるケースもあり、消費者が購買行動をおこすための機会損失を防ぐためにも正確な物流機能を持つ必要があります。各販売店へ必要な在庫を必要な数、出来るだけ素早く届ける必要があり、販売店の要望に応える必要もあります。商品管理や製品管理を担当する人達が物流センターにいる事も多く、商品の管理から梱包、配送までの流れを管理しています。全てを正確に管理する必要があり、間違いがあってはいけない業務でもありますので、アパレル店舗の華やかな雰囲気からは見えない黒子の様な役割と言っても良いかもしれません。各アパレル企業の物流センターは海外からの配送に素早く対応出来る様に海沿いに展開されている事も多く、郊外にセンターを持つブランドもあります。消費者からは見えにくい場所で多くの人が働き、アパレルブランドを支える重要な場所と言えるでしょう。

求められる効率的な環境

インターネット通販が伸びており、既存ショップではなく、直営のオンラインやECサイトで洋服を購入する人が増えています。それに伴って取り扱う宅配量は増えており、手が回らない状況になっていると言われています。アパレルの物流においても、BtoBだけでなく、BtoCについても物流上の問題が生じています。BtoBにおいては、在庫管理でしょう。これは物流と言えば物流ですが、経営問題とも言えるでしょう。どの業種でも同じですが、在庫をできるだけ少なくすることは、倉庫やそれに関する経費を削減することが出来ます。ただ、あまりにも在庫を減らしすぎると、注文に対応できなかったり、せっかくの新規契約が破断になるというリスクもあります。そこで最近は、物流部門を切り離して、外部の物流メーカーにアウトソーシングをする手法が流行っています。3PLと呼ばれ、経営コンサルタント等も経営改革として勧めてくる手法です。ただしBtoCにおける部分は、自社もしくは子会社等の部門で対応する必要があります。BtoCに関しては、注文を受けた後、商品を取り出して梱包し発送するという単純な作業です。したがって社員ではなく、アルバイトや派遣社員を使って、人件費を抑える必要があります。また、システムの構築や改善により、効率的かつスピーディーな業務を行える環境を整備する必要があります。

list

calendar

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

article

消費者の手元に服が届くまでの話

信用できる業者 アパレルの物流なら物流業者に任せると負担が減るのでおすすめです。海外からの生産品を検品した…

readmore

お店側の経営戦略

消費者からは見えない実情 日本には数多くのファッションブランドが展開されており、日本ブランドから海外ブラン…

readmore

今時のアパレル販売を考える

最近の業界事情 どんな商売でも物流は非常に重要な要素ですが、特にアパレル業界では物流が大きな役割を占め、多…

readmore

物流の一般的な環境

新設される物流センター アパレルの物流施設は、湾岸部など都市の中心から遠い地域に立地することが多かったので…

readmore