今時のアパレル販売を考える

最近の業界事情

どんな商売でも物流は非常に重要な要素ですが、特にアパレル業界では物流が大きな役割を占め、多くの業者が様々な工夫を凝らしています。とくに大手チェーン店ともなると日本全国に店舗が存在し、物流の強さがその企業の最大の強みとなっていくのです。アパレルの物流の現状に関しては、在庫管理なども含めたより大きな視点から、物流と言いうものを見直し始めている段階です。
在庫管理においては、昨今の企業IT化などによって、より効率的に管理を行うことが出来るようになり、配送センターとのデータのやり取りもオンライン上で行うなど、インターネットの必要性が昔にも増して高まっています。物流管理のオンラインデータベース化によって、配送にかかる時間短縮やコスト削減など、さまざまなメリットを得られるようになりました。アパレルと言えば地域や季節ごとに流行のファッションが様変わりしていきますが、そういった需要と供給に関する変動データも、市場のビッグデータと照らし合わせることによって、売れ筋の商品を各店舗へと配送することも可能となっています。また、店舗配送のみならずネット通販による顧客への配送の割合も増えていて、より一層の物流革命が必要な時期になり始めています。

トレンドと販売戦略

アパレルの物流というと、仕入れ先によって大きく年間の収支を左右してしまうので、なかなか経営者の方には悩ましい問題なのではないかと思います。大量生産の時代ですが、一歩間違えると大量の在庫を抱えることにもなってしまい、最近の移り変わりの激しすぎるファッションのトレンドについていくにも大変です。一からデザインを起こし、パターンを作り製作し、発注をしていくという作業は大変な手間とロスを生みだします。そんな時には、アパレルの物流に着目してみましょう。今やどこのお店に行っても、デザインはどこか似ていてタグのブランドを見なければどこで買ったのかわからないくらいです。ブランドの持つアイコンがなければ、トレンドに沿った服はどこで買っても同じという消費者も多く見られます。そこを逆手にとって、アパレルの物流も仕入れから販売まで様々な戦略をとっています。ファストファッションの代表格ともいえるショップで販売されている商品は、実は駅ビルに入っているようなブランドと同じ商品であるということはよくある話です。同パターン、つまり同型のものならまだしも、タグを変えただけでまるっきり同じ商品が陳列されているということもあります。

list

calendar

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

article

消費者の手元に服が届くまでの話

信用できる業者 アパレルの物流なら物流業者に任せると負担が減るのでおすすめです。海外からの生産品を検品した…

readmore

お店側の経営戦略

消費者からは見えない実情 日本には数多くのファッションブランドが展開されており、日本ブランドから海外ブラン…

readmore

今時のアパレル販売を考える

最近の業界事情 どんな商売でも物流は非常に重要な要素ですが、特にアパレル業界では物流が大きな役割を占め、多…

readmore

物流の一般的な環境

新設される物流センター アパレルの物流施設は、湾岸部など都市の中心から遠い地域に立地することが多かったので…

readmore